自分に最適な豊胸手術について知ろう

MENU

豊胸手術で気をつける点と避けられないトラブルについて

現在豊胸手術を受けるかを悩んでおられる方は、
早く受けられた方が良いかもしれません。

 

なぜなら、豊胸手術を受けた多くの方が
もっと早く受けていればよかったとおっしゃられているからです。

 

胸が小さいと悩んでおられる方は、
豊胸手術を受ける事でよりスタイルが良くなりファッションの幅も広がります。
胸の悩みを解決させて、さらに毎日を楽しく過ごしていきましょう。
 

 

最近では、多くの方が気軽に手術を受けられています。
豊胸手術の方法もさまざまあり、脂肪注入豊胸やシリコンバック豊胸、
ヒアルロン酸豊胸などがあります。

 

豊胸手術で気にされる方も多い胸の柔らかさは、
柔らかい順に脂肪注入、シリコンバック、ヒアルロン酸となります。

 

豊胸手術でもっとも大事と言われているのが、ドクターの選択です。
手術を行うドクターによっては、バストの形がいびつになる事や
手術の際に神経を傷つけバストの感覚が麻痺する事もあります。

 

また、通常シリコンバックは脇の下やアンダーバストを
少し切開して入れるので傷跡も目立ちませんが、
ドクターの腕によっては目立つ傷後が残ってしまう場合もあります。

 

技術がないドクターの脂肪注入豊胸は、
脂肪を吸引した部位がおうとつやシワになって目立つ場合があります。

 

ドクターの腕以外にも、防ぎようのないトラブルもあります。

 

例えば、シリコンバックを入れカプセル拘縮がおこる場合があります。
カプセル拘縮とは、身体の中に入ってきたシリコンバックの周りに膜をつくり、
押し出そうとする人間の防御反応の事です。
すると、バスト全体が固くなり、形がいびつになる場合もあります。

 

他には、ヒアルロン酸注入や脂肪注入で、
石灰化によりしこりができる可能性も存在します。

 

さらに、脂肪注入により感染症をおこし再手術が必要になる場合もあります。

豊胸手術の種類について

現在多くの方が、豊胸手術を受けられています。

 

豊胸手術の方法は、
脂肪注入豊胸やシリコンバック豊胸、ヒアルロン酸豊胸などが現在の主流です。

 

脂肪注入豊胸は、局所麻酔や静脈麻酔をおこない、
ご自身の脂肪を吸引して胸に注入する手術となります。
胸に注入した脂肪は、幹細胞が置き換わる事で胸に脂肪がつき豊かになっていきます。

 

脂肪注入豊胸は柔らかさも自然で傷が小さく、
いらない部分の脂肪を使用できるので一石二鳥です。
注入した脂肪の3割から5割程度が定着し、半永久的に残ります。

 

しかし、脂肪があまりない方は使用できない手術方法で、
バストの大きさも吸引できる脂肪の量によります。

 

また、一回の手術での限界は2カップの豊胸までだと言われています。
不満な方は、複数回注入するかシリコンバックとの併用を検討しましょう。

 

 

ヒアルロン酸豊胸の手術は、自由なバストデザインができます。
手術では、まず注入部位にマーキングして局所麻酔をおこないます。
続いて、少しずつ形を整えながらヒアルロン酸を注入します。
手術時間は20分程度で、処置跡に絆創膏を貼り終了となります。
個人差はありますが、2年ほど効果があります。

 

 

シリコンバック豊胸手術は、静脈麻酔や全身麻酔をしてから
脇の下やアンダーバストなどを少し切開してシリコンバックを入れます。
希望する胸の大きさや形などによって、シリコンバックの位置が決められます。

 

シリコンバック豊胸は、3カップ以上のサイズアップも可能です。
手術時間は1時間程度で、抜糸が必要な美容外科もあります。
美容外科によっては、2、3日間ドレーンという管をつける必要があります。
術後は、1週間に数日通院する必要があります。

 

神成美容外科のタトゥー除去

更新履歴