シリコンバッグの形について

MENU

シリコンバッグの形について

シリコンバッグの魅力は、なんといってもサイズ選択の豊富さでしょう。
3カップ以上のサイズアップにも、シリコンバッグ豊胸なら対応できます。

 

しかし、バストサイズと同じぐらい、バストのラインやシルエットにこだわる方も多いです。
シリコンバック豊胸を検討されている方は、シリコンバッグの形についても知っておきましょう。

 

シリコンバッグの表面は、2種類あります。
テクスチャードタイプは、表面がザラザラしています。
このざらざらがあるおかげで、シリコンバッグと皮膜の間に空間ができ
拘縮を予防できマッサージが必要ないと言われています。
しかし、スムースタイプに比べると柔らかさが少しおとります。

 

スムースタイプは、表面がツルツルしているシリコンバッグです。
これは、拘縮を防ぐ為にマッサージが必要とされています。
拘縮とは、身体の中に入ってきたシリコンバックの周りに膜をつくり、
押し出そうとする人間の防御反応の事です。
拘縮反応がおこると、バスト全体が固くなり形が崩れトラブルとなります。

 

 

シリコンバッグの形には、ラウンド型とアナトミカル型、アシンメトリー型があります。

 

ラウンド型は、おわん型であり立っていても寝ていても自然です。

 

アナトミカル型は、下側にボリュームがあるしずく型になります。
立っている時は自然ですが、寝ていると少し違和感を感じる事もあります。

 

アシンメトリー型は、左右それぞれに上下左右が決まっているシリコンバッグです。
形は、内から外に向けて広がる様なバストラインを演出できます。
しかし、切開部分が通常より大きくなります。